主線による互換の問題

主線による互換の問題

どもです。bobbyです。
絵系CAを今までとは全然違う作り方をしたので紹介していこうかなと。
多分こういうのはカテゴリーとしては制作講座に入ると思うんですが、CA始めてまだ1年も経ってないひよっこが制作講座を出すのはおこがましいと思ったのでCAコラムで出します。

僕は視コメで投コメに近い絵を書こうと思ってまして、そこででできたのがチビッパさんの1/4ブロックCA,点字CAです。
どっちも挑戦してみましたがだめでした・・・
次にでてきたのがIBK式ふるからーです。今回紹介するのはそれを真似たものになります。

とはいえ僕はUnicode番号を覚えてないのでメモ帳に保存している文字をコピペしてます。
じゃあ何が似てるの?という疑問が出てくるかと思います。
答えは主線を積みで作って色を塗ることです。

IBKさんと横幅は異なりますが、固定+幅リサイズの積みで作ったものが以下になります。
(幅リサイズの積みは非fullです)

かわいー(自画自賛乙www)

ただPCとスマホで幅リサイズの積みの高さが異なるせいか、固定+幅リサイズの積みだと互換性が低いです。
僕はできるだけ互換性を保ちたいので僕の中ではこれはダメです。組曲には貼ったけど
積みがだめなら固定を1行ずつ書けばいいじゃない!という考えに至り、1行に40文字までかけるm26を積みのような感じにして色を塗ってみました。
それで作ったのが以下のものになります。

これらは全て固定で作っているので、固定+幅リサイズの積みのように変に高さがズレることがありません。

ここで固定+幅リサイズの積みと固定+m26(1行ずつ)を比較したものをまとめておきます。
・ハルヒのCAを見れば分かるとおり固定+幅リサイズの積みの方が精度は高い
※ 固定+m26(1行ずつ)は精度は下がるが投コメに近い形で書ける
・幅リサイズの積みはそれだけで30コメ近く使うが、m26(1行ずつ)の場合最大でも26コメですむ。
・主線を固定、それも1行ずつにしておくと様々なパターンでCAを登場させることができる。
固定+m26(1行ずつ)の方が圧倒的に互換性が高い

☆主線を1行ずつ書くと、あとは色塗り(大体10コメ)に注意すれば泥のリード行問題もなんとかなります
ex)リード行のU+2003や3000をU+2000*2にするなど

m26を主線にして書いたCAが2つしかないので思いつきみたいなものですが、皆さんもやってみてはいかがでしょう?
主線を細かく書いてクオリティを上げるかつ泥でもまともにCAを魅せる方法としては悪くないと思います。
ちなみにこのやり方だとどうしても中央に寄ってしまうので、画面全体もしくは片側のみにCAを作りたいと言う方にはおすすめできません。(主線がm26だと大体4:3の領域内で作ることになります。s21等に変えると全体で作ることも可能になりますが。)

最後に美琴のCAだったらこんな風に登場させるかな、というmp4を残しておきます。

CAコラムカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。